戦争で肥料が輸入できなくなる?

 今、世界で戦争が起こっていることを知っていますか?2022年2月、ロシアがウクライナにめこみ、11月の今でも戦争が続いています。ウクライナが、アメリカとヨーロッパのたくさんの国が入っているグループに入ろうとしたので、ロシアは自分たちがめられるかもしれないと思い、戦争を起こしました。このグループは長い間ロシアのてきと考えられてきたので、ロシアは信じることができないのです。今ロシアがある地域ちいきには、昔からくり返し他の国がめてきていて、たくさん人がくなったこともあります。そのため、ロシアは今も他の国からめられることをとてもこわがっています。

 戦争が長くなることで心配になるのは、ロシアから輸入ゆにゅうしている小麦などの穀物こくもつが入ってこなくなることだけではありません。広大な国土をもつロシアは、3大肥料ひりょう原料であるリンさん、カリ(加里と書くこともある)、窒素ちっその生産でとても重要な役割やくわりを果たしています。豊富ほうふな天然ガスや石油などのエネルギーを使って、アンモニアなどの窒素肥料ちっそひりょう原料も合成しています。カリ鉱石こうせきの生産量の3わり強はロシア、ベラルーシがめ、ロシアはリン鉱石こうせきの生産が世界第4位になっています。

 しかし、そのエネルギーや人手が戦争に使われるなどして、世界最大であるロシアからの供給きょうきゅうがなくなれば、世界の農業にとって致命的ちめいてき影響えいきょうを受けることになります。効率化こうりつかした大規模だいきぼな近代農業では、化学肥料ひりょうを使うことができなければ、減収げんしゅうはさけられないからです。農業大国ブラジルでは、2021年には肥料ひりょうの85%を海外から輸入ゆにゅうしていて、その内23%がロシアからのものです。ブラジルの大統領だいとうりょうは、今後肥料ひりょうの調達がむずかしくなるとして、アマゾンなどでの資源しげん開発をできるようにする法整備せいびを進めようとしています。肥料ひりょうの主要成分であるカリウムを採取さいしゅすることがねらいです。さらに、ヨーロッパの国々が入っている欧州おうしゅう連合(EU)の農業は、農薬の大半をロシアからの輸入ゆにゅうにたよっているといいます。インドは、全体の肥料ひりょう消費量や面積に対する消費量も多いことから、化学肥料ひりょうが入手しがたくなった場合の影響えいきょうはとても大きいでしょう。

 化学肥料ひりょう原料のほぼ全量を輸入ゆにゅうにたよっている日本も心配です。日本は、全体の化学肥料ひりょうの消費量はそこまで多くありませんが、ヘクタールあたりの消費量は268キロで、中国に次いで世界第2位です。特に、リンさんアンモニウム、塩化カリウムはほぼ全量を輸入ゆにゅうしています。農林水産省によれば、資源しげんが特定の地域ちいきにだけ多くあるので、輸入ゆにゅう相手国もカナダ、中国、ロシア、ベラルーシなどにかたよっています。戦争が長く続けば、日本の農業にも大きな影響えいきょうが出てくるかもしれないのです。

Copied title and URL