リユース~私たちが環境のためにできること~

のどかわいたとき、コンビニやスーパーなどでペットボトルをひとおおいのではないでしょうか。ペットボトルなどの使つかての容器ようき便利べんり使つか勝手がってが良いことから、手軽てがるえる製品せいひんですが、一方いっぽうでごみがえていくことになります。これらの使つか容器ようき大量たいりょうにつくられ、大量に廃棄はいきされることで環境かんきょうに様々な負担ふたんをかけます。そうしないために今、リユースボトルの利用りよう推奨すいしょうされるシーンが多くなっています。

リユース(Reuse)

リデュースの次に優先度ゆうせんどが高いのが、再利用さいりよう意味いみするリユースです。物を大切にし、てずにかえし使うことを目的もくてきとしています。こわれたものは交換こうかんしゅうり理して使うことや、からになったシャンプーやボディソープのボトルにえ製品を入れり返し使うことがれいとしてげられます。また、この記事で紹介しょうかいするリユースボトルの利用は、高い効果こうかみとめられている方法です。

リユースボトルとその効果こうか

リユースを行うことで、リユースボトルというものを使うことも、環境かんきょうへの負担ふたんをへらすのに大きな効果を生み出します。そもそもリユースボトルとはその名の通りリユース可能かのう飲料容器いんりょうようきのことで、マイカップやマイボトルとしてり返し利用できるものです。水筒すいとうやタンブラーなどはその一例であり、これらは何度もあらって使えるボトルなので、ごみの排出はいしゅつおさえられます。

飲料容器として非常ひじょうに使い勝手が良いペットボトルや、アルミかん、スチール缶、紙カップやプラスチックカップなどは使いてを前提ぜんていとして作られてきました。これらは便利べんりではあるものの、使われた後はすぐに捨てられることや、プラスチック製品や缶はかさ張ることもあり、ごみの排出量はいしゅつりょう増加ぞうかする原因げんいんとなりました。そういったごみの排出はいしゅつおさえる効果が期待きたいできるのが、リユースボトルです。

例えばプラカップの排出を抑えるため、飲食店の中にはタンブラーなどのリユースボトルを持参じさんすることで割引わりびきを行っているお店もあります。あるいは外出がいしゅつさい水筒すいとうに飲み物を入れておくことで、ペットボトルの飲料を購入こうにゅうする必要がなくなり、ゴミを排出はいしゅつしないという効果だけでなく節約せつやくにもつながります。

リユースボトルの存在は、繰り返し使うことによりごみを出さないだけでなく、ごみとなる可能性があるペットボトルなどの使い捨て容器を買いすぎないというリデュース効果も生み出していることが分かります。

二酸化炭素の排出量が減少

環境省ではリユースボトルなどを使うことによる環境負荷分析かんきょうふかぶんせきを行いました。リユースボトルもそうですが、製造せいぞう廃棄はいきには二酸化炭素を排出はいしゅつするという環境へのリスクがともないます。このリスクを、リユースボトルなどを使うことで、どれだけ二酸化炭素がおさえられるかという調査ちょうさで、タンブラーと紙カップ、プラカップの3種類について調査したものを例として見てみましょう。タンブラーについては100回以上再利用をしたときに、それぞれの二酸化炭素の排出量はタンブラーがもっとも少なく、プラカップの排出量が最も多いことが分かりました。他のリユースボトルも同様どうように、繰り返し使うことで、作るときと捨てる時に出る二酸化炭素の排出を抑えることができます。

プラスチックゴミの削減さくげん

今世界的に問題となっているのがプラスチックごみ、特に海洋プラスチックごみによる環境汚染かんきょうおせんです。プラスチックごみの代表的だいひょうなものがレジ袋やペットボトルであるため、リユースボトルの活用はこれらのごみの削減さくげんにもなります。ペットボトルの利用を減らせば、ごみとして排出される量も減り、不法投棄ふほうとうきなどによる海への流出りゅうしゅつも防ぐことができます。

ペットボトルには耐久力たいきゅうりょくがあり、洗えることからリユースボトルとして使用することができ、新たに購入こうにゅうする頻度ひんどが下がるため、繰り返し使うことはリユースとしての取り組みとしても有効ゆうこうです。リユースボトルは今からでも取り組める事例じれいであり、リユースできる容器はすぐに手に入れられるものもあります。水分補給すいぶんほきゅう年中ねんじゅう通して、特に夏場は熱中症ねちゅうしょうの予防などにも必要であることから、リユースボトルを使いごみの削減さくげんから環境を守るための取り組みを始めてみると良いでしょう。

Copied title and URL