廃プラスチックが海外へ?

日本ははいプラスチックを輸出ゆしゅつしている?

日本では、プラスチックごみの多くがリサイクルされています。しかし、国内だけですべてがリサイクルされているわけではありません。2017年には、149万トンものはいプラスチックが、海外へ輸出ゆしゅつされていました。現在げんざいではどうなっているのか、世界の動きとともに見ていきましょう。

海外の取り組み

2017年7月、中国政府せいふが固体廃棄物はいきぶつ輸入ゆにゅう量を制限せいげんするという案を発表しました。それによって、2019年末までに国内資源しげんで代用できる固体廃棄物はいきぶつ輸入ゆにゅうを少しずつやめていくこと、まずその第1だんとして、2017年末までに生活由来のはいプラスチック、仕分けられていない紙ごみ、紡績ぼうせきごみ(糸くずやぬのくず)、金属きんぞくくずなどの輸入ゆにゅう禁止きんしするようになりました。

その後、同年8月には、プラスチックの生産やプラスチック製品せいひんの加工過程かていにおいて出た切れはしや切り落としなどのはいプラスチックを、混入物こんにゅうぶつ割合わりあい品質ひんしつなどに関係なく、全てを輸入禁止ゆにゅうきんしとする具体的な内容ないようが明らかとなりました。

日本のはいプラスチックの輸出ゆしゅつ量の変化

その後、年末にかけて中国が輸入ゆにゅう量の制限せいげんを行なったため、日本から中国への輸出ゆしゅつ量が減少げんしょうしました。それまで月7万トンほどだった輸出ゆしゅつ量は、2017年12月末に中国への輸出ゆしゅつ禁止きんしになった後には、わずか月数千トンまで減少げんしょうしています。

中国への輸出ゆしゅつ量は大きく減少げんしょうしましたが、それによって、タイ、ベトナム、マレーシアなどへの輸出ゆしゅつ量がえました。ところが、東南アジア諸国しょこくは、中国ほどの処理能力しょりのうりょくをもっていません。短期間で大量のプラスチックごみが輸入ゆにゅうされたことで、自国内にプラスチックごみがまってしまいました。そのため、東南アジア諸国しょこくでもプラスチックごみの輸入ゆにゅう制限せいげんをかける国が出てきました。その結果、日本からの輸出ゆしゅつ量は、2016年は153万トンでしたが、2018年は101万トンにまで減少げんしょうしています。

一般社団法人いっぱんしゃだんほうじんプラスチック循環利用協会じゅんかんりようきょうかいのデータによると、2017年に排出はいしゅつされたはいプラスチック903万トンのうちリサイクルされていたものは251万トンとされていますが、そのうち149万トンは海外に輸出ゆしゅつされ、海外でリサイクルされていた分がふくまれています。

201720182019202020212017-2021の比較ひかく
数量(kg)1,431,447,1741,008,053,288898,457,600820,742,338623,185,43243.5%
金額きんがく(千円)59,701,72143,449,82538,466,09830,737,60331,973,01653.6%
プラスチックくずの輸出ゆしゅつ数量と金額の変化(2017-2021年)

公益財団法人こうえきざいだんほうじん 日本容器包装にほんようきほうそうリサイクル協会きょうかいが出しているデータを見ると、2021年のはいプラスチックの輸出ゆしゅつ量は62万トンになっています。2017年とくらべると、はいプラスチックの輸出ゆしゅつ量は5年間で43.5%に減少げんしょうしていることがわかります。

Copied title and URL