有機・農薬節減栽培と生物多様性の関係とは

 食料や農業に関する研究開発を行う農研機構きこうが、有機・農薬節減栽培せつげんさいばいの水田では慣行栽培かんこうさいばいよりも多くの動植物が見られることを、全国的な調査ちょうさで明らかにしました。

ことばを知ろう

慣行栽培かんこうさいばい地域ちいきごとに決められた栽培基準さいばいきじゅんしたがって、農薬と化学肥料ひりょうを使う昔からある栽培さいばい方法のこと。

有機栽培さいばい:化学的に合成された肥料ひりょうと農薬を使わない、遺伝子組換いでんしくみかえをしない、そして農業生産による環境かんきょうへの負担をできるかぎり少なくする栽培さいばい方法のこと。

農薬節減栽培せつげんさいばい:化学的に合成された農薬を使う回数を、慣行栽培かんこうさいばいの半分以下にらした栽培さいばい方法のこと。

 つまり、生物多様性たようせい(いろいろな生物がおたがいに関わり合いながら存在そんざいすること)について考えられた稲作いなさくによって、環境かんきょうへの悪い影響えいきょうを少なくすることができるのです。そして、生物多様性たようせいを活かしたブランド化などによって、農産物に新しい価値かちをもたせるために役立ちます。

なぜ研究が行われた?

 農業生産の技術ぎじゅつが広まったことで、食料を効率こうりつよく生産することができるようになり、私たちは季節を気にせず手に入れたり、安く手に入れたりできるようになりました。しかし近年、農地の生物多様性たようせいが失われたり、それによって害虫をらす天敵てんてきや花粉を運ぶ昆虫こんちゅうったりしていて、どんどん悪い状況じょうきょうになっています。

 有機栽培さいばいや農薬節減栽培せつげんさいばいなどの環境保全かんきょうほぜん型農業は、生物多様性たようせいのことを考え、長く続くような農業生産を実現じつげんするためのやり方の1つとして、注目を集めています。環境保全かんきょうほぜん型農業とは、土づくりなどによって、化学肥料ひりょうや農薬を使うことによる環境かんきょうへの負担をらすように考えられた、長く続くような農業のことです。農業のもつ物質を循環じゅんかんさせる機能きのうを生かして、効率こうりつとのバランスを考えながら行われています。

 すでにヨーロッパやアメリカの畑地の生態系せいたいけいでは、有機栽培さいばいや農薬節減栽培せつげんさいばいによって生物多様性たようせいを守ることができるという効果こうかが、多くの研究によってわかりつつあります。しかし、アジアでよく見られる水田の生態系せいたいけいにおいては、一部の天敵てんてき生物以外は、そうした科学的なデータが不足していました。

 そこで今回、全国各地の1000以上の栽培さいばい場所を対象とした調査ちょうさのデータを分析ぶんせきすることで、有機・農薬節減栽培せつげんさいばいが水田の生物多様性たようせいを守る効果こうかを、科学的にたしかめました。

研究でわかったこととは?

 2013年~2015年の3年間の調査ちょうさの結果、有機栽培さいばいの水田は、慣行栽培かんこうさいばいの水田と比べて、絶滅ぜつめつのおそれのある植物の種数や、アシナガグモぞく(クモ)、アカネぞく(トンボ)、そしてトノサマガエルぞく(カエル)の個体数こたいすうが多いことがわかりました(図1)。また、農薬節減栽培せつげんさいばいの水田でも、慣行栽培かんこうさいばいの水田と比べて、植物の種数とアシナガグモぞく個体数こたいすうが多いことがわかりました。この結果は、有機・農薬節減栽培せつげんさいばいが多くの生物を守るために効果的こうかてきであることを表しています。

図1 研究結果
ことばを知ろう

輪作:同じ土地に数種類の作物を数年ごとに交代でくり返し栽培さいばいする方法のこと。

裏作うらさく:同じ土地に2種類の作物を栽培さいばいするとき、主となる作物を収穫しゅうかくした後に他の作物を栽培さいばいする方法のこと。

畦畔けいはん:水田や畑の区切り目にある、人が通ったり肥料ひりょうをまいたりするために作られた細長い土地のこと。「あぜ」ということもある。

湛水たんすい:水田に水を張ってため続けること。農地にいらない水がたまってしまうことも、同じように「湛水たんすい」という。

 そして、個別こべつの管理法が生物多様性たようせいにあたえる影響えいきょうは、生物ぐんによって大きくちがうことがわかりました。特にニホンアマガエルとドジョウ科の個体数こたいすうは、有機・農薬節減栽培せつげんさいばいかどうかよりも、畦畔けいはん(田んぼの周り)の植物の背の高さや輪作・裏作などの管理法と関連していました(図1)。この結果は、守りたい生物によって効果的こうかてきな取り組みがちがうということを表しています。

 また、有機栽培さいばいの水田面積が多い水田ぐん(1km2範囲はんい)のほうが、サギ類などの水鳥類の種数と個体数こたいすうが多いことがわかりました(図2)。この結果は、鳥類のように広い範囲はんいを移動する生物を守るためには、1枚の水田よりも、地域ちいきや生産グループなどによる広い範囲はんいの取り組みが効果的こうかてきであるということを表しています。

図2 水鳥類の種数・個体数こたいすうと有機栽培さいばい水田の面積りつの関係
黒線は
調査ちょうさから考えられた種数と個体数こたいすう、灰色は95%の割合わりあいでそのあたいがあるという範囲はんい

今後の予定・期待

 この研究での成果は、これまで農業者や自治体が取り組んできた有機・農薬節減栽培せつげんさいばいや特定の管理法が、生物多様性たようせいを守る効果こうかがある農業生産方式だという証拠しょうこになります。これらの栽培さいばい法で守られる生物多様性たようせいをきちんと評価ひょうかすることで、今よりも農産物に価値かちをもたせたり、他よりも目立つようブランド化するために役立ったりすることが期待されます。今後、こうした生物多様性たようせいによって私たちが受けるめぐみについて調べ、そのめぐみを活用するような新しい農業生産方式を実現じつげんすることを目指して研究を進めていく予定です。

Copied title and URL