リデュースは良いことだけど、、、

ごみ問題において、リデュース(Reduce)は、リサイクル(Recycle)、リユース(Reuse)とならんで大事なキーワードの1つです。リデュースとは、ごみになってしまうものを使わないことや使う量を減らすこと、または別のものを使うようにすることで問題を解決しようというやり方のことです。プラスチックのリデュースで記憶に新しいのは、2020年7月1日から全国で始まったレジ袋の有料化ゆうりょうかだと思います。有料化することによって、プラスチック製レジ袋の利用はその前の年の半分くらいまで減らすことができたそうです(レジ袋、有料化で半減 プラごみ抑制へ効果―環境省)。

しかし、リデュースも万能ばんのうではありません。プラスチックでできた商品を買ったり使ったりすることを減らしたつもりが実はそうでもなかったり、プラスチックを使わないで済んだとしても、別のところで地球環境にもっと大きな悪影響あくえいきょうを与えたりすることがあります。また、プラスチックはあまりにも多くの場所で私たちの生活を支えていることがリデュースを難しくしています。

さきほどレジ袋が半分に減ったということを紹介しました。それ自体はよいことですが、減った分、実はプラスチックの利用が増えています。レジ袋の有料化以降、エコバッグの売上は多く伸びていて、有料化前ので4.7倍増となっているそうです(レジ袋有料化の影響で売上が昨対比4.7倍増!アパレル・雑貨の仕入れサイト『スーパーデリバリー』でエコバッグの売上が急伸)。また、ある会社の調査によると、レジ袋と似た形をした取っ手付きのポリ袋の売り上げが有料化前の2倍以上になっているそうです(市販ポリ袋の店頭販売が好調)。レジ袋の利用は半分に減ったのですが、もしかしたらレジ袋が減った分、他のプラスチック利用は増えているかもしれないのです。

プラスチックには、軽くて長持ちする容器が安く大量に作れるという長所があります。もしペットボトルが全てガラスびんだったらどうなるでしょうか。今と同じ量の水やジュース、お茶、お酒、調味料などが今よりもずっと重くなります。重くなるということは、運ぶために沢山の石油が必要になり、地球温暖化ガスが増えることになります。プラスチックを減らしても、石油がたくさん燃やされてしまっては私たちの地球環境を守ることはできません。

さらにはプラスチックでしか今のところできないことが沢山あります。漁業で使う網や浮き、病院で使う注射器など、プラスチックの代わりがすぐには用意できないものがあり、プラスチックがもしも使えなくなるとそれによって、魚の値段が高すぎて買えなくなったり、魚の養殖自体が不可能になったり、病院で必要な治療を受けることができなくなってしまいます。

リデュースの最大の敵は私たち自身です。プラスチックはとても便利です。そのため、多くの人が使うのをやめることができません。例えば、制服のシャツや体操服がもし全て木綿でできていたら、洗濯のたびにしわくちゃになってしまうのです。そういった衣類を全てクリーニングに出せば、お金が沢山必要になる上に、包装などでプラスチックがまた使われてしまいます。その一方で、全部自分たちでアイロンがけするほど時間がない大人も多いのです。さらに身近な例を考えてみましょう。ポテトチップスなどのスナック菓子はほとんど全てプラスチックの袋に入っています。プラスチックの袋をもし廃止したら、みんなはポテトチップスを自分で油で揚げて作るようになるでしょうか。そこまでしないと食べれないのだとしたら、ポテトチップスは今ほど人気が出なかったでしょう。100円くらいで買える美味しいものがどこでも買えるのに、プラスチックが使われているという理由だけでみんなが買わなくなるようになるでしょうか。そうなったら良いのですが、少なくとも私は想像することができません。

リデュースが効果を発揮はっきするためにはどのようなことが大事でしょうか。皆さんもぜひ考えてみてください。

Copied title and URL