環境にも体にも優しい「脱プラスチック」

だつプラスチックとは?

 最近よく耳にするようになった「だつプラスチック」とは、プラスチックの利用りようをやめることです。たとえば、プラスチック製品せいひんやビニールぶくろの使用をやめること、プラスチック製品せいひんを代わりの素材そざい製品せいひんに切りえることなどが、だつプラスチックです。

 この背景はいけいには、深刻しんこくな海洋プラスチックごみ問題があります。5mm以下に細かくなった「マイクロプラスチック」を食べてしまう魚や鳥などへの影響えいきょう、さらには、それらを食べる人体への影響えいきょうも心配されています。こうした影響えいきょうらすために、プラスチックの利用りようらすことが、今世界中でもとめられています。

1人ひとりが、プラスチックごみの問題解決かいけつ貢献こうけんできる

 日本は、プラスチック包装容器ほうそうようきの1人あたりの使用量が世界第2位、プラスチック生産せいさん量は第3位です。しかし、プラスチック包装容器ほうそうようきのほとんどが使いてで利用りようすることを目的に作られていて、リサイクル回収かいしゅうされるのは全世界で14%しかありません。

 こうしたことから、1人ひとりのプラスチックの利用りようらすために、2020年7月からはスーパーなどでプラスチックせいレジぶくろ有料ゆうりょうになりました。わたしたちも、日々の生活の中でだつプラスチックを意識いしきしていくことで、プラスチック問題を解決かいけつするための力になれるのです。

だつプラスチックはなぜ「やさしい」?

 では、プラスチックの利用りようらすことは、どのような点がやさしいのでしょうか?

・海洋プラスチックごみの問題解決かいけつ貢献こうけんできる
 先ほどもあったように、海洋プラスチックごみの問題が深刻しんこくですが、プラスチックの利用りようらせば、こうした影響えいきょうを少なくすることができます。

・温室効果こうかガスによる地球温暖おんだん化への影響えいきょうを少なくすることができる
 プラスチックの原料げんりょうは石油です。プラスチック由来ゆらいの温室効果こうかガス排出はいしゅつは、2014年の1%から2050年には最大で15%にまでえると予測よそくされています。プラスチックの利用りようらせば、温室効果こうかガスの削減さくげんにもつながります。

・生物にがいのある化学物質ぶっしつらすことができる
 プラスチックをつくるときには、使い道に合わせてやわらかくしたり、かたくしたり、発泡はっぽうさせたりするため、生物にがいがあるとされるさまざまな化学物質ぶっしつが使われています。だつプラスチックは、こうした化学物質ぶっしつによる健康けんこうへの影響えいきょうらすことができます。

 つまり、だつプラスチックは環境かんきょうにも私たちの体にもやさしい行動だと言えます。

世界のだつプラスチックのアイデア

 世界的なだつプラスチックの流れを受けて、世界中でさまざまな工夫をこらしただつプラスチックの商品やサービスが誕生たんじょうしています。

・100%自然素材しぜんそざい歯磨はみがきタブレット
 数回かんで普段ふだん通りみがくだけのタブレットタイプの歯磨はみがきです。歯磨はみがが入っているプラスチックのチューブをなくすことができます。自然素材しぜんそざいをベースとした原材料げんざいりょうで、グルテン(小麦)、乳製品にゅうせいひんが入っていないので、アレルギーがある人も安心して利用できます。

・パスタのストロー
 アメリカのマリブ市のある会社が販売はんばいしています。大きめのあなのパスタなのでストローにぴったりです。てられても早く分解ぶんかいされるにもかかわらず、3時間以上いじょうも水にえることができ、強度にもすぐれています。

だつプラスチック商品をえらぶポイント

 「だつプラスチック商品」をえらぶポイントを4つおつたえします。

・代わりの素材そざいが使われている商品をえら
 すぐに取り組めるのは、分かりやすい他の素材そざいが使われている商品をえらぶことです。プラスチックの代わりには、ガラスや木、紙、ステンレス、鉄などが使われます。しかし、代わりの素材そざいを使っていても環境かんきょう配慮はいりょされていないものはあるので、長く使用できるか、本当に環境かんきょうやさしいか、などを考えることも必要ひつようです。

・見た目で判断はんだんできないものは表示ひょうじ確認かくにんする
 商品の中には、木材のように見えるけれど実はプラスチックせいのものなど、見た目では判断はんだんできないものがあります。このように見た目で分からないものは、製品せいひん素材そざい表記(プラマーク、PP、PEなど)で確認かくにんしてみましょう。

衣類いるいなどの繊維製品せんいせいひんは、天然繊維てんねんせんいのものをえら
 繊維生産せんいせいさんやく6わりは、石油からつくられるポリエステルやアクリル、ナイロンといった合成繊維ごうせいせんい、つまり繊維状せんいじょうのプラスチックです。これらを洗濯せんたくすると、細かいマイクロファイバーが水に流れ出してしまうので、できるだけ綿めんきぬあさといった天然繊維てんねんせんいのものをえらびましょう。

・マイクロビーズが使われていないものを選ぶ
 洗顔料や歯磨き粉などに、マイクロビーズという目に見えないほど小さな球状のプラスチックが使われていることがあります。とても細かいので、下水処理場でも通り抜けてしまい、毎年何百万トンも海に流れ込んでいます。買うときは、マイクロビーズが使われていないものを選びましょう。

 たくさんのものがプラスチックでつくられている現代において、完全な脱プラスチックは難しいものです。まずは「レスプラ」、つまりできそうなところからはじめて、少しずつプラスチックを減らしていくのが長続きするコツです。

Copied title and URL